このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
サイトを正しく表示、ご利用いただくには、
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

SEO対策とは

SEO対策のイメージ

日本人の約9割がGoogleやYahoo!JAPANといった大手検索サイトを利用しています。
検索サイトで探したい情報を表す単語を「キーワード」と呼び、入力されたキーワードに応じて出力されたWebページの情報を最適な形に工夫し、検索結果で上位表示させる施策のことをSEOと言います。

単語としての意味は、Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略で、直訳すると“検索エンジン最適化”となり、これらの施策は一般的に“SEO対策”と呼ばれています。

 

実はあのYahoo!JAPANもGoogleが開発した検索エンジンを搭載

2011年からYahoo!JAPANはGoogleの検索エンジンを搭載しています。
Googleの検索結果と異なる点は、Yahoo!JAPANの場合、Yahoo!ニュース、Yahoo!知恵袋、Yahoo!ショッピング、Yahoo!地図、ヤフオクなど様々なサービスを検索結果に反映していること。Googleの場合も同様に、GoogleMAPやGoogleショッピングを検索結果に反映しています。

若干の違いはあれどYahooとGoogleの検索結果は“ほぼ”同じ傾向にあり、9割以上のユーザーがGoogleの検索エンジンを利用していることになります。

国内ではYahoo!JAPANとGoogleだけで90%以上の検索シェアを誇るため、Googleが提唱する理念に基づいた対策を施すことで、誰もが検索上位に自分のWebページを表示させることができるということです。

検索エンジンの仕組みを解説

検索エンジンとは何か?

国内の検索サイトとして最も有名な「Google」と「Yahoo!JAPAN」。
実はどちらもGoogle社が提供するロボット型の検索エンジン技術を使用しています。

ロボット型検索エンジンの仕組み

ロボット型の検索エンジンは、「クローラー(巡回)」「インデクサー(集約)」「サーチャー(情報提供)」の3つのプログラムで構成されています。

検索エンジンのイメージ

①クローラーがWebページの最終更新日、更新頻度、サイト内の他のURL と比較した相対的な重要度などの関連情報が掲載されたメタデータをサイトマップファイルを通じて読み取りを行うことを“クローリング”と呼び、クローラーが更新された最新のサイトマップをもとにクローリングして読み取ったデータを“インデクサー”と呼ばれるデータ蓄積ロボットに報告します。

②“インデクサー”が蓄積した最新のデータを保存する行為を“インデックス(索引)”と呼び、検索エンジンにWebページが登録されることを意味します。
インデックスに登録されている数が多いサイトであれば早ければ1日で登録されますが、新しいウェブサイトの場合は巡回頻度が少ないため、登録までに2週間以上かかることもあるようです。

③ユーザーが入力した検索キーワードの結果を送信するプログラムのことを“サーチャー”と呼び、インデクサーがデータベースに保存した情報から関連情報を抽出し、関連性の高さと重要度により順位を決定した後に検索結果としてユーザーに送信します

SEOに対するGoogleの方針

Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。

出典元:Google 検索の仕組み | ユーザーを最優先する

つまり、ユーザーが入力した検索キーワードに合致した有益で関連性の高い情報が検索結果で上位表示されることになります。

SEOを大きく3つの要素に分解すると以下のようになります。

  1. 読者にとって有益性のある情報かどうか(コンテンツの品質)
  2. 読者が見つけやすくする工夫がされているかどうか(検索キーワードの最適化)
  3. 検索エンジンが構成を理解しやすい構成になっているかどうか(文書構造の最適化)

あと、有用な被リンクの獲得もSEOで重要な要素の一つですが、これはあくまでWebページ公開後、該当するコンテンツがシェアされたり、内容が引用され、出典として明記されたりしながら結果的にページが評価されていくものです。上記にあげた3つの対策さえしっかりと行っていれば、結果として非リンクは自然と増えていくことになります。逆に人為的に非リンクを増やすことも出来ますが、これはGoogleの方針と逆行するため当社では推奨しておりません。

従来のSEO対策サービスのメリット・デメリット

成果報酬型SEOとは

成果報酬型SEOは文字どおり初期費用がかからず、成果に応じて料金が決まるSEO対策サービスです。指定したキーワードが10位以内にランクインした日数×日割り料金で毎月の請求額が決まるというケースが一般的です。

成果報酬型SEOのメリット

  • 上位表示されるまではコストは不要。上位表示された日数分だけ費用が発生する

成果報酬型SEOのデメリット

  • 初期費用不要の反面、上位表示達成時の成果報酬が高額
  • 上位表示され続ける限り、永続的に固定費用が発生する
  • 契約期間中はキーワード変更ができないケースが多い

月額固定型SEOとは

月額固定型SEOは文字どおり毎月決まった金額のみで利用できるSEO対策サービスです。
成果保証型SEOとは異なり、指定したキーワードが10位以内にランクインしなくても、毎月定額で料金が発生します。

月額固定型SEOのメリット

  • 毎月決まった金額のみでSEO対策を実施できる

月額固定型SEOのデメリット

  • 上位表示される保証はない
  • 契約している限り永続的に固定費用が発生する

大阪限定 自立支援型のSEO対策

なぜ、当社が自立支援型のSEO対策サービスをはじめたのか。

その理由として、SEOは広告ではなく、本来は自分自身で行うべき施策だと考えているからです。極論でいうと、当社に依頼しなくても独学でSEOを学べばそれなりに結果は出せるということです。

わざわざ毎月高い費用を払ってSEO対策業者に委託するなら、同じ金額でWeb広告を出稿したほうが、出稿したその日から集客できるうえ、売り上げにつながるキーワードかそうでないキーワードかの判断が容易にできるなど、SEOでは得られない貴重なデータを抽出することができます。

実際にSEO対策を自分で行う場合、専門的な知識とテクニックが必要になってきます。
そこで、一番難しいSEO対策の導入設定のみを当社がマンツーマンでサポートし、日々の運用などはお客様ご自身で行うことにより、将来的に費用をかけずに自立して永続的に集客できる仕組みを一緒に作りあげることが当サービスを考案した理由です。成果を重視されるお客様のために、設定したキーワードで検索上位表示されるまで無償でサポートします。

自立支援型SEO対策のメリット

  • SEO対策のノウハウが自社の財産として蓄積される
  • 一度成功の過程を理解すれば他のサイトでも応用が効く!
  • 初期費用のみのお支払いのみで固定費用が発生しない!
  • 成果報酬が発生しないので、上位表示されれば広告宣伝費は無料!
  • 成功するまで追加料金なしで継続的にサポートします!

自立支援型SEO対策のデメリット

  • 検索エンジンに上位表示されるまでそれなりの手間と時間がかかります

逆に、手間隙さえかければ誰でもSEOで上位表示させることができるということでもあります。

SEO対策の費用・料金の目安や相場

 

一般的なSEO対策会社と比較した場合。

コストパフォーマンスNO.1!ぜひ他社と比べてみてください。

SEO対策の種類 初期費用(税抜) 課金(月額平均) 最低契約期間
成果報酬型SEO対策 無料 100,000円~ 12ヶ月~
月額固定費型SEO対策 無料 30,000円~ 12ヶ月~(成果保証なし)
自立支援型SEO対策 240,000円 0円 なし
※集客できるまで無料でサポート

※対象サイトが検索上位に表示できるまで無料でサポートします。

料金プランのご案内

大阪限定 自立支援型SEO対策SEO対策の基本設定および運用方法についてレクチャーします。
240,000 (税別)
キーワードに関する市場調査(対象サイトのみ)
有効なキーワードを全パターン提示
現状サイトの把握と改善提案
SEOで重要なHTMLの書き方など技術的なアドバイス
コンテンツ開発に関するノウハウ提供
SEO対策ツールの導入支援
SEO対策の出張トレーニング(2時間)
電話&メールによる集客サポート(無制限)

SEOに関するご質問

ほかのSEO対策会社との違いは何ですか?

当社で行っている自立支援型SEO対策は、初期費用のみお支払いいただければ、一番重要なサイト全体のSEO設計・キーワード設定・コンテンツ開発支援までをトータルで支援を行います。日々を運用をお客様ご自身で行っていただくことで、設定したキーワードで検索上位表示されるまで無償でサポートできるのが最大の特徴です。

なぜ御社には成果報酬型SEO対策サービスがないのでしょうか?

例えば、同じ業界のお客様から同じキーワードでの上位表示を依頼されたとします。当然1位になれるサイトは1つしかないので、いくら高い金額を積まれたとしても結果として平等に扱うことが不可能だからです。

ビックキーワードでの上位表示も可能ですか?

可能です。しかし、ビックキーワードはアクセス数は増えるものの、ユーザーの目的が情報収集段階にある場合が多いため、できるだけメインキーワード+エリア名での上位表示をおすすめしております。

SEO対策は魔法の杖ではありません

残念ながらSEOは本来ユーザーの悩みを解消するコンテンツを表示させるためのものであり、あなたの商品を売るための手法ではありません。

しかし、検索で訪れたユーザーの悩みを解消する方法があなたのサイトに表示されていれば、検索をきっかけとしてブランドが認知され、商談の機会が生まれる可能性があります。あなたが作ったコンテンツが世の中の疑問を解決し、ユーザーからの信頼を得ることで購買へとつながる流れを、ぜひあなたと一緒に作りあげていきたいと考えています。

そのために必要なノウハウは出し惜しみしません。私たちが長年の経験で培った集客ノウハウを初心者の方でもわかりやすくご説明しますので、まずは無料のサイト診断へお申し込みください。あなたが運営しているWebサイトの現状を分析し、集客したいターゲットに響く内容になっているかどうか3営業日以内に無料で診断します。

SEO対策に強いホームページ制作

運営会社

株式会社RED STONE(レッドストーン)
〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町3丁目1-7 日宝平野町セントラルビル5F
TEL: 06-6123-7075 FAX:06-6485-4617
URL: https://red-stone.co.jp