ホームページ制作に必要なWebサーバーについて解説

ホームページ制作に必要なWebサーバーについて解説

ホームページ制作後にインターネット上でホームページを公開するためには、Webサーバーと呼ばれる公開領域を用意する必要があります。

Webサーバーとは

Webサーバーとは、ホームページを公開するためのデータを保管するネットワーク上でつながったコンピュータのこと。もっと簡単に解説すると、ホームページを家に例えると、Webサーバーは家を建てるために必要な土地になります。ホームページを車に例えると、Webサーバーは車を保管するための駐車場になります。

Webサーバーの仕組み

ホームページを公開するために必要なWebサーバーの仕組みインターネットでつながったWebページ(ホームページ)を閲覧するためには、GoogleChromeやFirefox、Internet ExplorerといったWebブラウザと呼ばれるソフトウェアが必要になります。例えばあなたが特定のホームページを閲覧しようとした場合、Webブラウザソフトを使ってホームページのURLを打ち込んだり、GoogleやYahoo!JAPANといった主要検索エンジンに任意の検索ワードを入力して目的のホームページにアクセスする必要があります。
Webサーバーに任意のリクエストを送信する側をクライアント(顧客)、
クライアントからのリスエストを受け付けWebサービスを提供する側をサーバー(SERVER)と呼びます。また、Webサービスを提供する場合はWebサーバー側にApacheと呼ばれるWebサーバーソフトウェアがインストールされていないと閲覧することはできません。

Webサーバーの種類

ホームページを公開するために必要なWebサーバーにもさまざまな種類が存在します。
大きく分けると3つのタイプがあり、他人とスペースを共有する共有サーバー、自分専用の公開領域をもつ専用サーバー、そして専用サーバーのような感覚でスペースを専有できるVPSサーバー、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の登場により最近よく利用されるようになったクラウドサーバー(仮想サーバー)の4種類に分類されます。

共有サーバー 共有サーバーは1つの物理サーバーに1つのOSと、1つのWebサーバーアプリケーションが稼働しています。その資源を複数のユーザーが共有して使います。
専用サーバー 物理サーバーを完全に1台専有して使用できるのが専門サーバーです。
VPSサーバー VPSでは、物理サーバーにインストールされているOS(ホストOS)の上に、ユーザーそれぞれに仮想サーバーが割り当てられ、その仮想サーバーを専有して使えます。仮想サーバーではホストOSとは別のOS(ゲストOS)がインストールされており、ユーザーが管理者権限を持って自由に操作することができます。
クラウドサーバー クラウドサーバーもVPSサーバーと同じように、ユーザーそれぞれに仮想サーバーが割り当てられます。VPSサーバーと異なるのは、用途に応じて機能を拡張しやすいことです。

Webサーバーの違いによる主な特徴

種類 費用 処理速度 データ容量 導入レベル
専用サーバー 高価格 早い 大きい 難しい
VPSサーバー 中価格 早い 大きい 比較的難しい
共有サーバー 低価格 遅い 小さい 簡単
クラウドサーバー 従量課金 早い 拡張可能 難しい

専用サーバーとクラウドサーバーの費用比較

従量課金型のクラウドサーバーに対し、専用サーバーは月額固定型のサービスが主流のため、クラウドサーバーの方が安価に利用できるイメージがありますが、同等のスペック、利用期間で比較した場合、短期間の利用ではクラウドサーバー、長期間の利用では専用サーバーのほうが比較的費用が安くなる傾向にあります。

Web集客 無料メール講座のご案内

Web集客で成果をあげる小さな会社のための“Web集客 無料メール講座”

Web集客で成果を出すために必要な手法について無料のメール講座で学ぶことができます。

  1. 小さな会社が “Web集客”をはじめる前に知っておくべきこと
  2. Web集客で成果をあげる小さな会社のためのターゲットの決め方
  3. Web集客で成果をあげる小さな会社のためのWebコンテンツの作り方
  4. Web集客で成果をあげる小さな会社のためのWebライティングの基本
  5. Web集客で成果をあげる小さな会社のためのWeb戦略の基本
[個人情報のお取扱いについて]

└当社プライバシーポリシーについて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Webマーケティングに関する最新情報をお届けします