SEO対策で重要なコンテンツの作り方

SEO対策で重要なコンテンツの作り方

目次

SEO対策とは、検索エンジンの検索結果で上位表示させる手法のことです。

SEO対策には主に、内部対策と外部対策があります。

内部対策は、検索キーワードに合致したタイトルや概要説明文、コンテンツの内容を検索エンジンに正しく通知するための対策で、外部対策はブログやSNSを含め、他のサイトからリンクを貼られて紹介されることで客観的にコンテンツが評価されることです。外部対策は意図的に行うものではなく、内部対策の結果として起こることが多いため今回は内部対策として重要なコンテンツ(文章)の作り方についてご紹介します。

コンテンツを作る目的を明確にする

そもそもなぜ文章を書く必要があるのか、あなたはその理由を明確に答えられますか?

  1. 文章を読むことで商品の理解を深めてもらうことが目的
  2. 文章を読むことで商品の魅力に気付いてもらい購入してもらうことが目的

1つ目の場合、専門家が一般の方に向けて専門知識を共有する際に有効です。
2つ目の場合、ユーザーがあなたの商品の魅力を知るきっかけを与える場合に有効です。

ターゲットを明確にする

文章を書くうえで重要なのが「誰に読んでもらいたいのか」です。

誰に読んでもらいたいかが明確でないと、伝えたい文章はなかなか浮かんできません。
例えば筆者の場合、集客について悩んでいる中小企業経営者・個人事業主の方に、SEOを活用したWeb集客について少しでもお役に立てるならと思いながらこの記事を書いています。

また、同じ業界の人に読んでもらうのなら専門用語を多用しても問題ありませんが、一般の人に読んでもらうなら専門用語は使わず、わかりやすい言葉で表現する必要があります。また性別や年代によっても扱う話題が変わってくると思いますので、柔軟な対応を心がけましょう。

コンテンツテーマを決める

『自分の体験を交えて文章を書く』

Webライティングで重要なことは、綺麗で正確な文章を書くことではなく、読者にとって役立つ情報が興味深く書かれているかどうかです。

無理に上手な文章を書こうとすると苦手意識に拍車がかかり、なかなか思うように筆が進みません。

そんなときは巷に溢れた教科書的な情報ではなく、自身で体験したことをもとに文章にしてみると意外とすんなりと文字が書けたりします。

「○○を使ってみた」「○○を体験してみた」「○○を比較してみた」など、自分の商売に関連する何かを紐付けてみると、他社には真似できない独自性の強い記事ができあがります。

テーマ例

  1. 「SEO対策会社が大阪のSEO対策業者の費用相場を比較してみた。」
  2. 「大阪の経営者向けにSEO対策に役立つた書籍をご紹介します。」
  3. 「SEOの素人である私がSEO対策を行った結果について書いてみた。」

このように、自身が体験した内容をもとに情報喚起することで個性がより強調され、ターゲットに信頼される文章が書けるようになります。

文章の表記ルールを決める

表記にムラがあると読者に不快感を与えてしまうため、主に以下の点に気をつけてみましょう。

① 全角か半角か

数字や英語(アルファベット)は半角に統一しましょう。

② 漢字の多用はさける

われわれ(我々)、あなた(貴方)、あるいは(或いは)、かつ(且つ)、しかし(然し)、など(等)etc

③ 専門用語や外来語をわかりやすい言葉に置き換える

  • SEO → 検索エンジンで自分のサイトを上位表示させるための対策
  • アジェンダ → 議題・課題
  • コンセンサス → 合意
  • ペンディング → 保留
  • グロス → 総計

④ 括弧の使い方を見直す

  • 固有名詞やセリフを囲う際は、「 」
  • 作品名を囲う際は、『 』
  • 引用や強調をする際は、“ ”

ターゲットに知識を共有したいのか、それともターゲットに商品の魅力を伝えたいのか。上記の例でいうと、筆者の場合は知識の共有になります。ターゲットに合った切り口とテーマに沿った文章を作成しましょう。

タイトルは一番最後に決める

記事の閲覧者数を増やすにはSNSでの拡散が効果的です。SNSで拡散されるにはまずユーザーの興味を惹きつける必要があります。つまり、記事のタイトルだけでクリックされる確率は劇的に変化します。

①ターゲットに合ったキーワードを盛り込む

まずターゲット層の年齢・性別・趣味・疑問などを絞り込むことで、キーワードを設定します。
例えば、対象が50代の男性で健康に不安を抱えている場合のキーワードは、「生活習慣病の治療法」「メタボ解消法」「50代男性のダイエット法」など、ターゲットが検索しそうなキーワードを洗い出してみましょう。

② 読者メリットを簡潔に32文字以内で表現する

検索エンジンに表示されるタイトルは32文字。つまり、32文字以内に読者が読みたくなるようなタイトルをシンプルに表現することが重要になります。

例)90日間で検索上位に表示させる、大阪の経営者のためのSEO対策法

読み手の記憶に残るタイトルにする

ブログやSNSで情報を発信する際に意識したいのが“読み手の記憶に残るかどうか”です。

では、記憶に残る文章とはどんな文章でしょうか?

税理士事務所の場合

例)え?!知らないんですか?あなた、税金搾取されてますよ!

これまで気付かなかった問題について指摘する方法です。
相手に不公平感を作り出すことで記憶に残す手法です。

社労士事務所の場合

例)さて、問題です。役所があえて教えない、○○すればもらえるお金とは?

質問やクイズ形式にすることで、解答を知りたいと思わせる方法です。
あえて伏字を利用することで連想してもらい記憶に残す手法です。

紳士服メーカーの場合

例)就活における選ばれるスーツ、選ばれないスーツの違い

2つの対極する言葉を使うことにより、自分の場合、どちらに該当するかを知りたいといった心理をついた手法です。

このように読み手にとってその文章の内容が自分に関係があるものだと思ってもらうことが、タイトルを決めるときに重要なポイントとなります。

また、タイトルとコンテンツ(記事)の内容は必ず一致させるようにしましょう。
SEO(検索ワード)を意識しすぎてタイトルとずれたコンテンツ(記事)を作成した場合、検索エンジンからもユーザーからも高い評価を得ることができずSEOでの上位表示を期待することはできません。

コンテンツの質を高めるためには改善が必要

SNSで拡散されるには、読者に記事の内容に満足してもらい、もっとたくさんのひとにも知ってほしいと思ってもらう必要があります。つまり、情報の質が高ければ読者は『無料でここまで読めるのは凄い!』という感情が芽生え、口コミとして拡散される可能性が高くなります。コンテンツは一度公開すれば終わりではなく、定期的に情報を追加更新することでコンテンツの質を高めることができます。

最後は必ず誤字脱字をチェックしよう

ふだんからよく使用する電子メールをはじめ、SNSでの投稿文やブログに掲載するお知らせや記事など、執筆作業における誤字脱字。

いくら注意しながら執筆していても、無意識のうちに表記ミスをしてしまいがちですよね。そこで、誤字脱字を防ぐための簡単なチェック方法についてご紹介します。

① 音読する

目視だけでは見落としがちな誤字脱字も、声に出すことで違和感を捉えることができます。声が出せない環境の場合、心の中で文章の内容を唱えるだけでも効果があります。

② 時間をおいてから確認する

記事を執筆した直後に原稿を確認すると、脳が執筆モードの状態にあるため誤字脱字を見逃しやすい傾向にあります。
そこで、執筆後 少し時間を置いてからチェックすることで脳がリセットされ、フラットな状態で原稿を確認できるようになります。

③ ワードの文章校正機能を活用する

マイクロソフト社の「Word」の文章校正機能を活用することで、下記のようなミスを検出することが可能です。

  • 誤変換
  • 助詞の欠落
  • スペルミス
  • 表記ゆれ

ただし、校正ツール等は万能ではありませんので、最後は必ず目視で確認するよう心掛けましょう。
以上、SEO対策で重要なコンテンツの作り方についてご紹介しました。みなさんもぜひ独自性の高いコンテンツ作成に挑戦してみてください。

Web集客 無料メール講座のご案内

Web集客で成果をあげる小さな会社のための“Web集客 無料メール講座”

Web集客で成果を出すために必要な手法について無料のメール講座で学ぶことができます。

  1. 小さな会社が “Web集客”をはじめる前に知っておくべきこと
  2. Web集客で成果をあげる小さな会社のためのターゲットの決め方
  3. Web集客で成果をあげる小さな会社のためのWebコンテンツの作り方
  4. Web集客で成果をあげる小さな会社のためのWebライティングの基本
  5. Web集客で成果をあげる小さな会社のためのWeb戦略の基本

      

[個人情報のお取扱いについて]

└当社プライバシーポリシーについて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Webマーケティングに関する最新情報をお届けします