STAFF BLOGスタッフブログ

株式会社RED STONEのスタッフブログを随時発信していきます。

有料広告とSEO、コンテンツマーケティングの違いとは?

有料広告とSEO、 コンテンツマーケティングの違いとは?

これまで多くのクライアント企業が抱えてきた課題である、顕在顧客をターゲットにした有料広告とのミスマッチを防ぐため、弊社ではターゲットに有益な情報を発信することで信頼を獲得し、潜在顧客を未来顧客へと育成しながら成約へと促すコンテンツマーケティングという手法についてさまざまな研究を重ねてきました。

何度かセミナーを開催した中でよくある質問が、有料広告とSEO、コンテンツマーケティングの違いについて。今回は有料広告とSEO、コンテンツマーケティングの違いについて、一覧表をもとに簡単に解説します。

リスティング広告 SEO コンテンツマーケティング
即効性
費用対効果 ×
資産形成 ×
顧客育成 ×

 

リスティング広告(検索連動型広告・PPC広告)からの集客

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジン結果に連動して表示される広告のこと。検索結果に表示されている広告バナーやテキストリンクをクリックした場合にのみ料金が発生することから、「クリック課金型」PPC広告(Pay Per Click)ともよばれています。

[即効性] ○ … ターゲットに響く商品であれば、即成約に結びつけることが可能

[費用対効果] × … 入札の多い人気の検索キーワードに連動して広告費が高くなる

[資産形成] × … 広告出稿自体に資産価値はない

[顧客育成] × … 資産形成同様、広告自体では顧客育成にはつながらない

SEO(検索エンジン最適化)からの集客

SEO=検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のこと。たとえば、希望する検索結果の上位に自らのウェブページが表示されるように工夫することや、そのための技術やサービスを指します。
SEO対策を実施すると、検索エンジン(検索ロボット)からクロール(情報を取得)されやすくなります。
つまり、SEO対策を実施することで、検索エンジンを巡回する検索ロボットがあなたのサイトを探し出してくれる可能性が高まるということです。

[即効性] △ … 設定するキーワードによって上位表示までの時間がかかってしまう

[費用対効果] ○ … 基本的な対策だけなら自分で設定できるため費用はかからない

[資産形成] ○ …  情報としてストックされていくので資産として残る

[顧客育成] △ … 顧客育成のための施策ではないが、キーワードを統一することによっては顧客育成につながることも

コンテンツマーケティング(顧客の課題を解決する優良な情報発信)による集客

顧客が必要とする情報を理解し、それを適切にコンテンツとして提供することで、購買につながる行動を引き起こすための手法をコンテンツマーケティングと言います。
コンテンツの信頼性、独自性、専門性が重要であり、多くのユーザーに共有されることでコンテンツとしての質を高めていきます。検索エンジンと顧客の両方からの評価を得ることで、より成約率の高い見込み顧客を集めることができるのがコンテンツマーケティングの強み。ただし、速効性がないためリスティング広告と併用しながら、長期戦略として継続してコンテンツ作りに取り組む必要があります。

[即効性] △ … 設定するキーワードによって上位表示までの時間がかかってしまう

[費用対効果] ◎ … 手間はかかるが、自分で情報発信すれば費用はかからない

[資産形成]  ◎ …  情報としてストックされていくので資産として残る

[顧客育成]  ◎ … ユーザーが必要とする情報を提供することで信頼を得て、未来顧客へと育成できる

まとめ

インターネット広告は即効性があるが、ユーザーに今すぐ欲しいと思わせる情報が揃っていないと成果にはつながらない。つまり、ユーザーが最初に閲覧するページ(ランディングページ)に興味を引く情報を掲載することで、ページを最適化するLPO(Landing Page Optimization)が重要である。広告を出稿する場合はLPO対策をしっかり行いましょう。
SEOやコンテンツマーケティングは即効性はありませんが、費用もかからず資産として蓄積していくことができます。
重要なことは、アクセス数を増やすことでも検索エンジンで上位表示されることでもなく、まずはユーザーに興味を持ってもらうこと。そのためには、ユーザーが求めているコンテンツ(情報)を惜しみなく発信すること。ユーザーとの関係構築のためには日々の情報発信の中から、ユーザーが求めている情報が何かを分析し、改善しながらコンテンツ(情報)の精度を高めていくことです。そのためにはすぐに結果を求めるのではなく、長期的な視点で取り組むことが重要です。

初期費用無料のオウンドメディア構築支援サービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Webマーケティングに関する最新情報をお届けします