このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
サイトを正しく表示、ご利用いただくには、
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

ホームページ制作 大阪 無料相談所

ホームページ制作でこんなお悩みございませんか?

  • ホームページを制作したいけど手順がわからない
  • ホームページを制作して販路を拡大したい
  • 信頼できるホームページ制作会社を探している

ホームページ制作 大阪 無料相談所がすべて解決!

計876社を超える集客支援と、Google・Yahoo!JAPANの検索キーワード「Web集客」で1位の実績をもつ「ホームページ制作 大阪 無料相談所」がホームページ制作の基本について徹底解説。

ホームページ制作の目的

目的を明確にしないままホームページを制作しても成果につなげることは出来ません。
最初にホームページを作る目的を決めることで、そのあとに必要な手段が見えてきます。

  1. サイト訪問による認知向上…圏外顧客に対し、存在を知ってもらうことが目的
  2. リピーターの獲得…既存顧客に対し、何度も訪問してもらうことが目的
  3. 会員登録(ユーザー登録・メルマガ登録・資料ダウンロードなど)…氏名やメールアドレスを収集し、定期的にコミュニケーションが取れるようにすることが目的

※ECサイトは会員登録に分類されます

ホームページ制作で重要なターゲット設定

ペルソナマーケティング

ペルソナとは

ペルソナとは、あなたの製品やサービスにおける顧客の人物像です。企業のマーケティング戦略において、ターゲットとなるユーザーを明確にすることは非常に重要です。
ペルソナを設定することでマーケティングに関わる全ての関係者に、理想の顧客像を共有することができます。あなたが作ろうとしているホームページは、どんな人物に閲覧してもらいたいのか想像してみましょう。

ペルソナの基本設計

  • 氏名(仮名)
  • 年齢
  • 家族構成(未婚・既婚)
  • 年収
  • 職業(役職)
  • 休日の過ごし方
  • 価値観
  • 将来の夢(目標)
  • 現在抱いている悩みや課題
  • あなたの製品やサービスを利用する動機
  • 情報収集の方法(テレビ・雑誌・ネットなど)

ホームページ制作に必要な基礎知識

ホームページ制作の基本①

ホームページとは

本来はブラウザを起動した時に、最初に表示されるWebページのことをホームページと呼びます。一般的には同じURLに表示されたWebサイト全体を通してホームページと呼ぶことが多いです。

ホームページ制作の基本②

Webサーバーとは

簡単に説明すると、インターネット上にWebサイトを公開するためのデータ保管先のことです。自動車でいうと駐車場のようなもので、Webサーバーがないとホームページを公開することができません。サーバーを借りる場合、大きく分けて4つの選択肢があります。

  • 共用サーバー
  • 専用サーバー
  • VPS (Virtual Private Server)
  • パブリッククラウド
ホームページ制作の基本③

ドメインとは

ドメインとは、インターネット上に存在するコンピュータを特定するための文字列で、インターネット上における「住所」のようなものです。もともとネット上のコンピュータ同士はIPアドレス(識別番号)によってお互いを識別し、通信を行っていますが、数字の羅列であるIPアドレスでは扱いにくいため、別名としてドメインを運用するようになりました。

ドメイン例)red-stone.co.jp

ホームページ制作の基本④

SSLとは

SSLとは「Secure Socket Layer」の略で、インターネット上で送受信されるデータの覗き見と改ざんを防止する通信上の仕組みのことです。個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化することで第三者によるデータ傍受を防ぎ、安全に通信を行うことができます。

例)SSL対応しているページ「https://」
例)SSLに対応していないページ「http://」

ホームページ制作の基本⑤

ブラウザとは

インターネット上のウェブ ページの情報を画面上に表示するための閲覧ソフトのこと。
国内ではInternet Explorerをはじめ、Google Chrome、Firefox、Safariなどのブラウザが主流になっています。

ホームページ制作の基本⑥

レスポンシブデザイン

パソコン、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズを表示されたサイズに合ったレイアウト・デザインに最適化する制作手法のこと。スマートフォン対応ともいう。1つのHTMLファイルでデータを管理するため更新の手間が省けるというメリットもあります。またモバイル対応はSEOにも大きく影響するのでぜひ採用をおすすめします。

ホームページ制作の基本⑦

SEO対策とは

SEO 対策(Search Engine Optimization)とは、 GoogleやYahoo!JAPANなどの検索サイトで、ユーザーがキーワードと呼ばれる単語を入力した結果、自社サイトを多く露出させるために行う対策のことで、検索エンジン最適化とも呼ばれています。

ホームページ制作の基本⑧

SNSとは

SNSとは、Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で、インターネットを介して人間関係を構築できるWebサービスの総称です。
主なSNSに、実名登録制の交流型SNSのFacebook、140文字以内の短い文字情報を共有する拡散型SNSのTwitter、写真共有型SNSのInstagram、無料通話と無料メッセージ型のSNSのLINE、動画コンテンツ共有サイトのYoutubeなどが有名です。

ホームページ制作時の対応ブラウザ

マイクロソフトが2017年4月にInternet Explorer 9、10のサポートを対象外としたこともあり、2018年11月現在、対象ブラウザは下記のような設定が標準として対応されています。

パソコンの対象ブラウザ

  • Internet Explorer 11以降
  • Firefox 最新版
  • Safari 最新版
  • Google Chrome 最新版
  • Microsoft Edge 最新版

スマートフォンの対象ブラウザ

  • iOS9以降
  • Android5.0以降

ホームページ制作会社の選び方

予算に応じた制作会社を選ぶ

価格(コスト)

ホームページ制作を選ぶ基準として価格・料金は非常に重要な要素といえます。同じページで制作する場合でも、品質やサービス内容によって価格に幅があるため、単純に安さで選ぶのではなく、ホームページを制作する目的に応じた予算を投じることが大切です。

サイト設計およびデザイン

品質(クオリティ)

企業イメージの向上を図るため、ターゲットユーザーに合致したデザインおよびサイト設計をはじめ、公開後も問題なく運用できる製品としての品質を求めることが重要です。

公開後の運用保守など

サービス(プラン)

ホームページは公開してからが始まりです。ホームページを公開した後、システムのバグやセキュリティ等の不具合があった場合に迅速に対応してもらえる制作会社がベストでしょう。

制作実績の有無

実績(成果の有無)

ホームページ制作全体の実績はもちろん、同じ業種の制作実績や、ホームページ制作後の成果(SEO対策できちんと集客できるかどうか)について掲載されているか調べてみましょう。

ホームページ制作の料金相場

10ページ程度の企業向けホームページを制作した場合 HTMLで制作 10万円~60万円前後
30ページ程度の更新機能つきのホームページを制作した場合 WordPressで制作 90万円~180万円前後
10ページ程度のECサイトを制作した場合 EC-CUBEで制作 70万~120万前後

よく料金相場について質問されることが多いのですが、サービスの内容を把握せず単純にページ数だけで料金を比較すると後悔することになります。そのためには、まず制作にかかる費用の内訳を理解する必要があります。

ホームページ制作費用の内訳を理解する

ホームページ制作の見積書でよくみかける項目

ディレクション費

  • 打ち合わせ(ヒアリング)
  • 企画提案資料の作成(プレゼンテーション)
  • コンセプト設計(テーマ・目標設定)
  • SEO設計(キーワードの調査・選定)
  • 広告戦略(SNSの活用・Web広告の出稿など)
  • 制作進行管理(デザイナー、エンジニアへの指示)

デザイン制作費

  • サイトマップ作成(階層をリスト化したもの)
  • 画面設計書の作成(サイトの骨組みを表現したワイヤーフレーム)
  • トップページデザイン制作(サイト全体のイメージ決定)
  • 下層ページデザイン制作(トップページ以外の基本デザイン作成)

フロントエンド開発費

  • HTMLコーディング
  • CSSコーディング
  • JavaScriptの実装

バックエンド開発費

  • システム設計
  • PHPやRubyなどのプログラム実装
  • WordPressのインストールおよびカスタマイズ
  • サーバー設定作業
  • ドメイン設定作業
  • SSL導入設定作業

ブラウザおよびシステム動作検証費

  • 制作したホームページが正常に動作しているか確認する作業になります。制作会社での検証完了後、お客様の最終確認を経て納品という流れが一般的

オプション

  • ロゴ制作(ロゴマーク・ロゴタイプなど)
  • イラストの作成
  • 取材
  • 写真撮影
  • Webライティング(SEO対策を意識したものが多い)
  • ドキュメント作成

その他 見積りでは見えない費用

諸経費…広告宣伝費や営業経費など、上記の見積りでは項目が見当たりませんが、各項目にバランスよく計上されている場合が多いでしょう。また、制作会社の規模が大きいほど維持費がかかるため、諸経費も高くなる傾向にあります。

ホームページ制作の見積比較

同じ条件(オリジンルデザイン採用、ページ数15P、CMS搭載、スマホ対応、SEO対策有り)のWeb制作会社と比較した場合。

コストパフォーマンスNO.1!ぜひ他社と比べてみてください。

制作会社 制作費用 スマホ対応 SEO対策 集客サポート 合計(税抜)
A社 800,000円 別途御見積 別途御見積 800,000円
B社 620,000円 300,000円 別途御見積 920,000円
当社 598,000円 598,000円

※業界の相場から価格を算出しておりますが、あくまで御見積の一例となります。お客様のご要望の内容により御見積金額は異なりますのでご了承ください。

IT導入補助金の適用で制作費は実質半額の299,000円に!

集客に強いホームページの制作事例

ホームページ制作に関するご質問

申込みの流れについて教えてください
  1. 専用の申込フォームからお申込みください。必要書類のご提出と簡単な申込み画面、アンケート画面にご入力いただきます。
  2. 補助金の申請を行います。
    ※申請が通らない場合もあります。
  3. 申請が通れば正式にご契約となります。
  4. ご入金の確認後、ホームページの制作を開始
  5. ホームページ制作の証明(サイト公開)後に、事務局より補助金が交付されます。
  6. 1年後に成果報告を行う必要がありますので、簡単なアンケートにお答えいただきます。
ほかのホームページ制作会社との違いは何ですか?

当社では、集客で一番重要なサイト全体のSEO設計・キーワード設定・コンテンツ開発までをトータルで支援します。

ビックキーワードでの上位表示も可能ですか?

可能です。しかし、ビックキーワードはアクセス数は増えるものの、ユーザーの目的が情報収集段階にある場合が多いため、できるだけメインキーワード+エリア名での上位表示をおすすめしております。

大阪エリア以外でも制作をお願いできますか?

申し訳ございません。現時点では大阪市内限定でのホームページ制作サービスとなります。今後他府県で展開する場合は改めて告知させていただきます。

どんな業種でもSEO対策は可能でしょうか?

SEOに向いている業種と向いていない業種はありますが、情報設計がしっかりできているホームページであれば業種に関わらずSEO対策で結果を出すことは可能です。

大阪のホームページ制作会社

運営会社:株式会社RED STONE(レッドストーン)
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11-4 大阪駅前第4ビル 9F
TEL: 06-6123-7075 FAX:06-6485-4617
URL: https://red-stone.co.jp